EF66 48 富士はやぶさ牽引機

公開日: 


EF66 48 富士はやぶさ牽引機

詳細:EF66は、1000t級の高速貨物列車を100km/hで運用することを目的に開発された高速電気機関車です。1966年にEF90として試作機が登場、1968年より量産化が開始されました。3900kWの出力を有するMT56モーター6基を振動から保護するために、中空軸1段歯車減速可撓駆動式を採用。動輪には防振ゴムが8個取り付けられ、独特な外観を有しています。48号機は、下関車両管理室所属のEF66のうちの1両です。1985年に、はやぶさのロビーカー増結にともない、それまでのEF65-1000にかわりブルートレインでの牽引が開始されました。JR発足時点で40以降が、ブルートレイン牽引機としてJR西日本に所属しました。2009年2月現在、富士はやぶさの牽引機として活躍しています。 
⇒ 予約詳細ページ(特典・限定)

-- Delivered by Feed43 service

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑